« 語り/鈴木 瑞穂氏 プロフィル | トップページ | ハンセン病理解に尽力 加賀田さんお別れ法要
日本海新聞 (3月26日) »

監督/高橋 一郎 プロフィル

P5


「もういいかい ~ハンセン病と三つの法律~」の監督は、原発やアトピーなど、環境や食をテーマに作品を作り続けてきた高橋一郎(写真=右端)です。

<プロフィル>
宝塚大学 造形芸術学部准教授、映画監督

1953年 神戸市生まれ
1977年 日本大学芸術学部映画学科卒業 卒業制作「アルコール中毒」

■作品歴
映画製作委員会で自主製作 脚本・監督作品
1986年 「24000年の方舟」
1991年 「奇妙な出来事アトピー」
1996年 「風ものがたり」
2004年 「紙しばいがはじまるよ!」
2006年 「フランドン農学校の尾崎さん」
2012年 「もういいかい ~ハンセン病と三つの法律~」

■その他
1989年 「生命ある限り」(監督作品、実行委員会製作)
1984年~1997年 テレビ番組「いきいきライフ」(ディレクター担当、大阪市消費者センター・よみうりテレビ製作)
1991年~1993年 テレビ番組「追跡」(ディレクター担当、日本テレビ製作)
2001年 教材映画「きみがたいせつ~川西市子どもオンブズパーソン」(川西市製作)
2002年 展示映像「田んぼ作りと里の生き物」(脚本・監督作品、国営讃岐まんのう公園製作)
2004年 教材映画「大助花子の男と女どっちが得?」公開(脚本・監督作品、滋賀県製作)
2005年 展示映像「坪田譲治ふるさと・子ども・愛」国会(脚本・監督作品、岡山デジタルミュージアム製作)
他多数

■受賞歴
1992年 日本記録映画作家協会賞「奇妙な出来事アトピー」
1995年 地球環境映像祭・環境教育映像賞「風ものがたり」
1996年 日本映画復興奨励賞「風ものがたり」

■紹介記事
COML(コムル)のインタビュー記事(会報誌 No.260 2012.4.15)はこちらを覧ください>>>

« 語り/鈴木 瑞穂氏 プロフィル | トップページ | ハンセン病理解に尽力 加賀田さんお別れ法要
日本海新聞 (3月26日) »

映画」カテゴリの記事