« 謹 賀 新 年 | トップページ | 「ハンセン病問題講演会」
今年も阿倍野区民センターで開催 »

ハンセン病問題をDVD、書籍化
各地の新聞で紹介

141229touounippou_2

もういいかい~ハンセン病と三つの法律」のDVDとブックレットが、2014年12月29日(月)の東奥日報(青森県)や2015年1月8日(木)の南海日日新聞(鹿児島県)で紹介されました。
問い合わせと同時にブックレットの購入依頼がありました。
(共同通信社神戸支局配信)

======

ハンセン病問題をDVD、書籍化
差別の教訓 若者に 小中学校向け教材発売

ハンセン病問題を描いた2012年完成のドキュメンタリー映画「もういいかい~ハンセン病と三つの法律~」を教材用にまとめたDVDと本が14年10月に発売された。ハンセン病を知らない若い世代にも事実を学んだほしいとの思いが込められており、プロデューサーの鵜久森典妙さん(66)=兵庫西宮市=は「教育現場で活用してほしい」と話している。

映画にはハンセン病を患い、国策として約90年間続いた強制隔離の下、ハンセン病療養所に入所させられた国内外の20数人が登場。療養所での過酷な生活や、偏見と差別に苦しんできた日々を証言している。
 
入所にあたり改名を余儀なくされた人や、病気が治っても根強い差別で故郷に帰れず、今も療養所で暮らす人も。完成まで5年を費やした。
 
タイトルの「もういいかい」は、骨になっても故郷に帰れない現状を詠んだ「もういいかい お骨になってもまあだだよ」からとった。鵜久森さんは「ハンセン病は終わっていない。これは過去の話ではなく明日に通じる問題。一人一人に考えてほしい」と力説する。

DVDは本編を5章に分け、本にはシナリオを収録。小中学校の授業で使いやすいように工夫した。「一度背負ったものとして最後まで背負わないと」と鵜久森さん。DVDを手に、若い世代への広がりを願っている。
 
DVDは43,200円、本は756円。問い合わせは映画製作委員会、電話06(6110)5059。

=====

東奥日報の記事はこちらをご覧ください「141229touounippou.pdf」をダウンロード


<お問い合わせ>
*住所、TEL、FAX、メールアドレスが変わりました*

映画製作委員会
〒550-0002
大阪市西区江戸堀1-4-27-401
アトリエエム内
TEL/FAX 06-6110-5059
E-mail divenice■gmail.com
(■を@にしてください)
ホームページ http://slowcom.fc2web.com/
ブログ  http://mouiikai.cocolog-nifty.com/blog/

« 謹 賀 新 年 | トップページ | 「ハンセン病問題講演会」
今年も阿倍野区民センターで開催 »

メディア」カテゴリの記事