映画製作委員会

ハンセン病家族補償法が成立!

190721kaifukushakarachirashi 11月15日に「ハンセン病元患者家族への補償法」と「名誉回復を図る改正ハンセン病問題基本法」が成立しました。国は総力を挙げて、偏見差別の根絶に向けて最大限の努力をするべきだろう。強制隔離政策の誤りを認めてから18年もたっても、退所者が地域で安心して暮らせない現状を知るべきです。

・国の誤った隔離政策で深刻な差別を受けたハンセン病回復者とその家族の貴重な証言記録のDVD(2枚組)

「ハンセン病回復者からのメッセージ」

をぜひご覧ください。

チラシはこちら>>>

ダウンロード - 190721kaifukushakarachirashi.pdf

・ハンセン病の100年の歴史を描いた記録映画
「もういいかい~ハンセン病と三つの法律」

も併せてご覧ください。

チラシはこちら>>>

ダウンロード - 170301smouiikaichirashi20.pdf

申込書はこちら>>>

ダウンロード - 190721moushikomisho.pdf

<お問い合わせ>
映画製作委員会
〒550-0002
大阪市西区江戸堀1-4-27-401
アトリエエム内
TEL/FAX 06-6110-5059
E-mail divenice■gmail.com
(■を@にしてください)

ハンセン病家族訴訟 勝訴!

180622mouiikaichirashiomote ハンセン病患者の隔離政策により本人だけでなく家族も深刻な差別を受けたとして、元患者の家族の損害賠償と謝罪を求めた集団訴訟の判決で、熊本地裁は6月28日(遠藤浩太郎裁判長)、「隔離政策は家族が差別を受ける社会構造を生み、憲法が保証する人格権や婚姻の自由を侵害した」として国に賠償を命じました。

同時に、法相や文部科学相についても「差別除去のための啓発活動や教育を実施する義務を怠った」と違法性を認定しました。

誤った政策の犠牲になった家族の悲劇に、長年向き合おうとしなかった国の責任は大きく、一部判決に対しても否定的です。
国の施策に対して注視する必要があります。

・ハンセン病の100年の歴史描いた記録映画
「もういいかい〜ハンセン病と三つの法律」をぜひご覧ください。
チラシはこちら>>

ダウンロード - 170301smouiikaichirashi20.pdf

申込書はこちら>>>

ダウンロード - 190721moushikomisho.pdf

 

・国の誤った隔離政策で深刻な差別を受けたハンセン病回復者とその家族の貴重な証言記録のDVD(2枚組)「ハンセン病回復者からのメッセージ」も併せてご覧ください。
チラシはこちら>>>

ダウンロード - 190721kaifukushakarachirashi.pdf

<お問い合わせ>
映画製作委員会
〒550-0002
大阪市西区江戸堀1-4-27-401
アトリエエム内
TEL/FAX 06-6110-5059
E-mail divenice■gmail.com
(■を@にしてください)

「そして、こうべ」鵜久森典妙写真展4月27日から、5月4日(土)には井上陽一氏の活弁ライブも開催

 

 190414blog  神戸・平野の「いちばぎゃらりぃ侑香」での写真展も今年で15年。15回目を迎えます。
4月27日(土)~5月11日(土)に写真展「そして、こうべ」を開催します。
神戸で生まれ、育ちました。(今は西宮在住です) 70歳をすぎて改めてこの街を歩いて見ました。
A3サイズ40点に写ったものは意外にも神戸臭のしない写真に仕上がりました。
下手なのか、街がそうなのか、観て頂いての判断におまかせです。

同時開催は、「沖縄」写真展です。
今年2月24日-県民投票の日に沖縄に行きました。
A4、B5サイズ織り混ぜての30点を展示します。

特別上映会は、活弁ライブです。
活動弁士・井上陽一の語りで、十八番「血煙り高田の馬場」を5月4日(土)に催します。
①11時~ ②13時30分~
木戸銭は1,000円、定員15人。
*活弁ライブは要予約

GWは、平野の「いちばぎゃらりぃ侑香」にぜひお越しください!!

【写真展】
◆日時 
4月27日(土)~5月11日(土)
11:00~18:00
◆会場
「いちばぎゃらりぃ侑香」
神戸市兵庫区神田町38-22
TEL 078-361-5055
◆アクセス
JR三宮駅より神戸市バス7系統乗車
JR神戸駅より7,9,110系統乗車
「平野」バス停下車 バス道東へ100m

【活弁ライブ】
「血煙り 高田の馬場」(50分)
◆日時
5月4日(土)①11時~ ②13時30分~
◆木戸銭
1,000円
◆定員
15人 *要予約(11:00~17:00)
TEL 078-361-5055

「そして、こうべ」写真展のチラシ

190427skobechirashi_2


「沖縄」写真展のチラシ

190427sokinawachirashi
「血煙り高田の馬場」活弁ライブのチラシ

190504stakadanobabachirashi

*写真展を紹介した神戸新聞(2019年5月3日)の記事はこちら>>>ダウンロード - 190503kobeshinbun.pdf

 

明けましておめでとうございます。

190102blog_2皆さまにおかれましては、良いお年をお迎えのことと思います。

今年も、ハンセン病回復者の証言DVDを製作しました。3人の方に語っていただいています。
「ハンセン病療養所で受けた私の被害~断種・堕胎」(DVD30分)です。

2月16日㈯大阪市立阿倍野区民センターで上映されます。ぜひご覧ください。
詳細はこちらをご覧ください(チラシ-表)>>>「190216-chirashi-omote.pdf」をダウンロード
チラシ-裏>>>「190216-chirashi-ura.pdf」をダウンロード

今年もよろしくお願いします。
2019年元旦


6月30日(土)に黄 光男さんの講演があります

180627blog_2


ハンセン病問題を描いたDVD「国及び地方公共団体の責務とは~らい予防法と無らい県運動~」に出演してくれた、黄 光男(ファン グァンナム)さんの講演が6月30日(土)西宮中央教会で開催されます。
時間は14時〜16時30分です。是非ご参加を!

*写真はDVD「国及び地方公共団体の責務とは」から

~~~

<<ハンセン病を正しく理解する講演会2018 関西>>
「ハンセン病回復者と家族の訴え」

◆講演:黄 光男(ファン グァンナム)氏
 ハンセン病家族訴訟原告団副団長
*聴講無料*
◆日時:2018年6月30日(土)14:00~16:30
◆会場:日本キリスト教会 西宮中央教会
 兵庫県西宮市甲風園2-4-15
 TEL 0798-67-4347
◆アクセス:阪急神戸線「西宮北口」駅下車 北改札西出口
 北へ徒歩約6分 すずらん幼稚園
◆主催:公益社団法人 好善社


「もういいかい〜ハンセン病と三つの法律〜」等
映画製作委員会の8作品が国立国会図書館へ

180622mouiikaichirashiomote

映画製作委員会製作の8作品が、6月に国立国会図書館に納品されました。
32年間の間に数多くの作品を作って来ましたが、代表的な作品が8本も納品できたことは、嬉しい限りです。

8作品は以下のとおりです。
①「24000年の方舟」
②「奇妙な出来事アトピー」
③「風ものがたり 〜食と農と環境~」
④「きみがたいせつ 〜こどもの人権オンブ
スパ-ソン~」
⑤「紙しばいがはじまるよ!」
⑥「フランドン農学校の尾崎さん」
⑦「もういいかい ~ハンセン病と三つの法律~」
⑧「最後の活動弁士 ~井上陽一の世界~」

①~⑦の作品の詳細はこちらをご覧ください。

⑧の作品の詳細はこちらをご覧ください。

謹賀新年

180101blog


皆様におかれましては、良いお年をお迎えのことと思います。
 
映画製作委員会では、製作協力というかたちで参加しました「国及び地方公共団体の責務とは~らい予防法と無らい県運動~」が完成します。
2月17日(土)に大阪市立阿倍野区民センターにおいて13:30より上映の予定です。ご覧いただけたら幸いです。

今年もよろしくお願いします。(写真は国立療養所 宮古南静園)
2018年正月

~~~~
*「井上陽一」 活弁ライブ*

3月25日(日)神戸・魚崎会館 
4月29日(日)宝塚創造館
5月 6日(日)いちばぎゃらりぃ侑香

~~~~

「谺雄二 ハンセン病とともに生きる」
劇場上映好評のうちに終了、DVDも絶賛発売中です!

170902blog_2


8月19日から1週間、シアターセブンで公開の「谺雄二 ハンセン病とともに生きる」が好評のうちに終了しました。

上映後すぐに席を立てなかった人がいたり、作品として高い評価をいただきました。

映画製作委員会では、引き続きこの映画のDVDを発売中です。地域での上映会をお願いします。

DVDのお申込みチラシはこちら「170512-DVD3sakuhin-chirashi.pdf」をダウンロード

【お問合せ】
映画製作委員会
TEL/FAX 06-6110-5059
〒550-0002 大阪市西区江戸堀1-4-27-401 アトリエエム内

謹 賀 新 年

170101blog


皆様におかれましては、良いお年をお迎えのことと思います。

映画製作委員会では昨年30周年を無事迎えることができました。
これもひとえに皆様のお陰と感謝しています。

昨年秋に完成しました「最後の活動弁士 井上陽一の世界」がお正月映画として、神戸元町映画館で1月7日㈯~ 13日㈮まで上映されることになりました。
ご覧いただけたら幸いです。

今年もよろしくお願いします。

~~~~~

チラシ表面は「170107motomachi-chirashi-omote.pdf」をダウンロード


チラシ裏面はこちら「170107motomachi-chirashi-ura.pdf」をダウンロード

予告編はこちら>>>

【日時】
1月7日(土)10:30~
「井上陽一の世界」+活弁ライブ「血煙り荒神山」
1,500円均一 

1月8日(日)~13日(金)11:00~
「井上陽一の世界」
1,000円均一

【会場】
元町映画館
兵庫県神戸市中央区元町通4丁目1-12
TEL:078-366-2636


【アクセス】
■JR・阪神電車「元町」駅西口より、南西へ徒歩6分
■神戸高速鉄道「花隈」駅東口より南東へ徒歩6分
■神戸市営地下鉄海岸線「みなと元町」駅2出口より北へ1分


この秋「映画製作委員会」新作映画2本完成!!

161123inoueyoichi


映画製作委員会は、10月に30周年を迎えました。
今秋「ハンセン病後遺症とは」(42分)と「井上陽一の世界」(46分)の2本の映画が完成しました。

ぜひご覧ください。

~~~~

「井上陽一の世界」

最後の活動弁士の姿を描いています。
阪妻が、アラカンが、千恵蔵が、活動弁士 井上陽一の語りによって鮮やかに蘇ります。
和洋合奏団付きや公民館などの小さな上映会のときは、カセット持参で一人何役もこなしながら語るその姿は、観客を魅了します。
関西独特の七五調の語り口、活動弁士 井上陽一の魅力を探ります。

2016年 日本 デジタル カラー 46分
製作・企画/鵜久森典妙 
監督/高橋一郎 撮影/原ひろし

【お問合わせ】
映画製作委員会 
TEL/FAX 06-6110-5059

予告編はこちら>>>

~~~~~

「ハンセン病後遺症とは」~適切な医療・介護を提供するために~

企画・ハンセン病回復者支援センター、製作・社会福祉法人ふれあい福祉会の依頼を受けて映画製作委員会が製作協力しました。

「ハンセン病」「ハンセン病に伴う後遺症」についてはすでに保険病名として認められていますが、回復者の方々はほとんどハンセン病歴を明かせない状況です。
それは、過去に受けた厳しい差別が今もあり、家族にすら隠している人もいるからです。
ハンセン病後遺症を知り、適切な医療・介護を提供するためにぜひご覧ください。

2016年/42分/カラー

【お問い合わせ】
ハンセン病回復者支援センター
TEL 06-7506-9424

~~~~

チラシはこちら >「161123inouekouishouchirashis.pdf」をダウンロード

 

その他のカテゴリー